ホーム>お客様の声

お客様の声

多くの感謝のお声を頂きました。

千葉県柏市のお習字教室「初空(はつそら)習字教室」の岡田先生より教室名のご感想を頂きました。

感想文の前に私から…一言。
“ 初空(はつそら) ”は、新春の空を言い「初めてその季節になった空」の意です。
それと…それには、初めて筆を染める時の緊張と期待に膨らむその初々しい気持ち、そして果てしなく広がる大空のように個々の可能性が大きく開花していく事も示唆しています。

 

お客様の声01
先生、この度は私の習字教室開室に伴い、ステキな教室名を授けて下さいまして本当に有難うございました。
 
やはり始めるにあたり、教室名は私にとって《生命》だと思っていましたし、この先の指針にも関わるであろうと思い、先生にお願いしました。
 
先生と何度かお話しさせていただいて、先生のお人柄や、私の想いや希望等もくんで下さいまして、全てお任せ致しました。
 
 
『初空』は本当にいろいろな意味で私に相応しい名であり、良いスタートがきれると自信がヒシヒシと湧いてきました。
 
『初空習字教室』(はつそら)の名に恥じないよう初心を忘れず、子ども達と一緒に盛り上げていけたらなと思います。
 
 
先生!これから頑張っていきますので更なるエールをお願い申し上げます。
 
 
♪♪♪ 岡田 弥子 ♪♪♪
 

群馬の角田様、赤ちゃんの名前。長男さんも大喜びの今回女の子の御誕生です。 命名「実穂乃(みほの)」ちゃん!

この度は娘の命名をありがとうございました。
 
今回は生まれてくるまで、男か女か分からない状態だったので、生まれた直後に高橋様に女の子だったことを連絡し、「実穂乃」という名前に決定しました。今はみーちゃんと家族みんなで呼んでいます。
 
子供の名前をつけていただくにあたって、親や兄弟との相性も観るということは素人の私には全く知らないことでした。
 
まさに一生モノの名前として、大事にしていくよう子供たちに伝えていこうと思っています。
 
いつも高橋様には大変お世話になっており、失礼ながら命名だけでなくいろいろとこれからもお付き合いをさせていただければ幸いです。
 
 
 
お客様の声02
 
ご長男、和優(かずひろ)クンとご長女、実穂乃(みほの)チャン☆♪
 
 
〒378-0017
群馬県 沼田市坊新田町1026
ご当地キャラショップ
和(わ)な~る
角田光翼
 
TEL:027-877-4473 
携帯:080-6508-1198
 

和歌山から、心新たに決意され命名( 改名 )ご依頼の「嶋中 瑤子(しまなか ようこ)」様。

お客様の声04.jpg
高橋様との出会いは、私が東京のあるマ-ケティングネットワ-クを主として活動している異業種交流会にてリ-ダ-を務める方々向けの勉強会でした。
 
英語関連ビジネス(通訳・翻訳・コ-チング)を起業して3期目。何とかビジネスを拡大していきたい!!と思っていても空回りする毎日。自分らしさを見失いかけていました。
 
立て直す為に、一旦実家に帰ろう。そしてまた方向性を定めてやり直そう!
という気持ちはありましたが、逃げるようで行動できず、悶々とし時間だけが過ぎていきました。
 
そんな時何度かお目にかかる機会を頂戴し、相談にのっていただきました。
 
何度もお会いした方ではないのですが、高橋様のお人柄と優しい表情を前にすると自分でも驚くくらい自然と正直な気持ちを話しすことができたのです。
 
 
それからすぐの今年4月に私は、和歌山の実家に戻り再出発。
 
地元に戻ってからもこれまでどおり人脈づくり・そして営業活動にでかけました。
 
行動する中で、幸運にも地元ラジオ局にて朝の情報番組のパ-ソナリティを担当するチャンスをいただきました。
 
またチャレンジする時が来たと思いました。
 
デビュ-の日が9月6日と決まった時、ラジオパ-ソナリティとしての名前をどうしよう?
ということになり、同時に「覚悟」としてビジネス上で使用する名前の命名をしていただくことに決めました。
 
命名をお願いするのは高橋様にと以前から決めていましたので、早速お電話でお願いすることにいたしました。
 
 
急なお願い、そしてデビュ-の日までにというわがままをにもかかわらず、ご快諾いただきました。
 
 
そして数日後、「嶋中 瑤子 シマナカ ヨウコ」と命名していただきました。
 
 
 
”人を愛し、また人から愛され、ビジネスを通して社会に貢献する心身共に、そして経済的にも自律した女性起業家”
 
これが私がこれからも歩む道。
 
 
ビジネスでは、世界とあなたの橋渡しをする英・日同行通訳者・翻訳者。
 
 
プライベートでは、ラジオ番組パ-ソナリティとして国内外に情報発信
 
舞台女優として演劇を通し、地元の歴史を地元の方々だけでなく国内外を含め後世に伝えます。
 
 
”これからも弛まぬ努力と感謝を忘れずに!”
と高橋様からのメッセ-ジを心に留めてこれからも精進して参ります。
 
この度は、誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げると共に感想文とさせていただきます。
 
 
通訳・翻訳サ-ビス
EL SOL(える そる)
 
代表 嶋中 瑤子 
 

~癒しの声の配達人~司会・朗読・女優・ナレーション・ボイストレーナー山崎聡子(やまさきあきこ)様。(「名」の漢字変換)

お役様の声03.jpg
このたび、高橋呂侑先生に「名前の漢字を変えたい」ということで漢字の改名の名付けをお願いしました。
 
以前から何人かの人に「亜紀子の亜を変えた方がいい」とか「画数がよくないところがある」とか言われていました。
私の名前の由来は、ちょうど私が生まれたころ放送されていた人気ドラマの主人公の名前からそのままとって名付けたということで、母も私の名前の画数で気になることを言われたことがあると、ずっと気にしていました。
 
自分でも漢字の意味を調べてみたところ、「亜」は「次・二番目」という意味だとわかり、早く何とかしたいと思っていました。
(蓮舫さんが「二番目じゃダメなんですか?!」と言ってましたが、「二番目」じゃダメなんです!笑)
 
高橋先生には色々と希望を申し上げ、本当に無理難題をお願いしましたが、それを全て受け入れて下さり、素晴らしい漢字の名前をつけて下さいました。
 
「山﨑亜紀子」改め「山崎聡子」、「聡子」と書いて「あきこ」と読むのが驚きでした。
パソコン等で「あきこ」と入力したらちゃんと「聡子」の変換が出るのも驚きでした。
全てにおいて申し分のない完璧な画数、「聡明」という意味を持ち、名前負けしないように頑張ろうと、新たな活力が湧いてきました。
 
「山崎聡子」を使用するようになり、色々な変化を体感するようになりました。
 
まず、人間関係。
今までも人間関係で悩んだことがないほど有難くも人に恵まれてはいたのですが、名前の漢字を変えてから出逢う人が変わってきました。
そして、友人知人の中でも本当にご縁がある人・そうでない人の区別が様々な形で徐々に表れてきました。
 
仕事も、ただ忙しいだけでなく、忙しいながらもちゃんと回るようになってきました。
 
また、今年は初詣で3社参りをして神社でひいたおみくじ全てが小吉であまりいいことが書かれていませんでした。
後厄だから仕方ないなんて思っていました。
 
しかし先日、夏休みで山梨に一人旅に行き、フラ~ッと立ち寄った神社で何気なくひいたおみくじが大吉でした。
そして、内容を読んでさらに驚き!
自分が望み、目標としている(目指している)ことにピッタリなことが、おみくじの表にも裏にも書かれていて鳥肌が立ちました。
 
母もすっかり安心した様子で、ちょっとは親孝行ができたかな?なんて思っています(笑)
 
高橋先生は「名前で全てが決まるといっても過言ではない」とおっしゃっていますが、本当にその通りだなと、我が身を持って実感しています。
また、高橋先生は、本当にその人の幸せを願って命名してくださいます。
命名に関して私がいろんな希望を出してもそれに全て応えてくれ、最高の漢字をつけてくれた、それが全てを物語っていると思います。
まさに「命名の匠」です!
 
高橋先生が「幸せになってほしい」という思いでつけてくださった名前を無駄にしないよう、私も私にできることで周りに一人でもHappyな人が増えるように精進したいと思います!
 
高橋先生、本当にありがとうございました!!!
 
 
山崎聡子(やまさきあきこ)
 
 
 
 
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、寿・言祝 ( ことほぎ )の

“名前” ならばご本人は勿論、周りの方々にも幸せの光が

放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27
 

                                                     命名士 高橋 呂侑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ペンネームご依頼の「項本マナミ」様より

お客様の声05.jpg
私は、自分に甘く、ついつい日常に流されて、「こうありたい」という自分の姿を見失ってしまうことがよくあります。
それは、今回考えていただいたペンネームを使う創作活動においても同じでした。
 
「自分のやりたいことに、どんな価値があるのか」それを掴んでいるのといないのとでは、人生が変わってくると思います。
 
「あなたのしようとしていることは、こういうことですよ」と曇っていた私の心の窓を拭いてくださったのが、高橋先生でした。
そして、いつでも目指す先が見えるように心強い相棒「項本マナミ」というペンネームを授けてくれました。
 
名前を決めていただくため、何度かお電話でお話させてもらいました。高橋先生は、私自身が感じ取れていないものも、びっくりするほど感じ取ってくださり、話せば話すほど自分が浄化されて元気になっていくのがわかります。
 
それは、高橋先生がひとりひとりに真剣に愛情深く向き合ってくださるからだと思います。
 
私にとっては、先生との出逢いは、命名していただくだけでなく、これから歩いていきたい視界をスーパークリアーにしてもらった素晴らしいものでした。
 
これから、新しい「名前」と共に歩いていくのが、楽しみです。
 
 
このご縁に、高橋先生に、心から感謝しています。
 
 
項本マナミ
 

震災前に美容室名をご依頼、横須賀市根岸町(北久里浜駅~徒歩3分)でお店「コアフール 美感の季(みかんのき)の、櫻庭 和代 様。

お客様の声06.jpg
 命名の匠】高橋先生とは絶妙なタイミングでご縁を頂きまして…
「コアフール美感の季(みかんのき)」素敵な屋号になりました。
 
 
ちょうどその頃、耐久性の問題等で、看板を新しくする必要がありました。
 
小さな美容室ですが、今年18年目に入ります。
 
新たな思いと、これからの方向性…などが店名に付けれたらいいな~などと、日々思っていたので、今回迷いもなく、急遽、先生にご相談しました。
 
先生とは面識などもありませんが、もの凄く親身になってくれます。
 
メール、及び電話で何度もお話しさせて頂きました。
 
字画数や陰陽バランスなど、すべて合うように考えて下さっているようです。
 
「コアフール」フランス語を入れることにより「響き」がとても優しくなりました。
 
フランスのご友人にも電話で、伺って下さったようです。(*_*)
 
先生に命名のご相談をして、本当に良かったと思っています。
 
とても、とても気に入ってます。 ありがとうございました。
 
 
コアフール 美感の季(みかんのき)
 

東日本大震災被災地支援活動「夢は叶うプロジェクト」代表、FMブルー湘南RP、シンガーソングライターの灯織(ひおり)様。

2016310164738.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

新しい年のスタートに「灯織(ひおり)」という、とても素敵な名前をいただきました。

苗字とか名前とかではない、多くの方に親しみを持って呼んで頂ける名前をと希望しました。

また、お電話もいただき親身に話を聞いてくださいました。

実は、その時にはお話ししなかったのですが、ハ行ではじまる名前が良いな~と、漠然と願っていましたら、頂いたのが「ひおり」です!

高橋先生は、やはり何か特別な力をお持ちなんですね。

親しい友人や家族に話すと、誰もがすぐに気に入ってくれました。

はじめての本名ではない芸名なのに、私自身もまったく違和感がありません。

それだけではなく、名前に込められた意味にも感動をしました。

シンガーソングライターとして、ラジオパーソナリティーとして、また東日本大震災の被災地の音楽家を目指す学生の支援活動「夢は叶うプロジェクト」代表として、その他のプライベートの私までもすべてひっくるめて「灯織」に込められた方向へ素直に向かえそうです。

たくさんの人に「灯織」という名前を覚えて呼んで頂けるように努力をして行きます。

本当に、ありがとうございました。

 

灯織(ひおり)

 

「ありがとう」:https://youtu.be/MIyRzdJDZUE

Facebook:https://www.facebook.com/hatsunetwork/?fref=ts

 

 

愛知県の塚越家ご次男様、赤ちゃんの名前 。命名ご感想。

子供の命名をお願いしました塚越です。
 
 
その節はお世話になりました。
 
 
出産してから3ヵ月が経ちました。
 
先生から名前をいただきました「暉馬」は、家族で愛情込めて呼んでいます。
 
特に長男が暉馬はぼくの相棒だもん!なんて言いながら、暉馬の名前を家族の中でも一番気に入って呼んでくれています!
 
 
今回、命名をお願いする際は私どもの無理をきいてくださって、本当にありがとうございました。
 
先生には二人目の息子の名前を依頼したのですが、依頼をしたのも出産から数日前に初めて電話をかけたにもかかわらず、引き受けていただき本当に感謝しています。
 
長男の名前についている漢字“馬”を一つ残して次男の名前を考えてほしいという、かなり大変な無理をお願いしたのですが、先生は親身に嫌な顔一つせずに対応してくださったこと、本当に先生に依頼をして良かったと思います。
 
 
いつか子供に名前の漢字の意味や、どんな気持ちで名前をつけたのかを聞かれた時には、ちゃんと答えてあげられるように、名前の意味や画数などを書いていただいた手紙を大事にとっておきます。
 
 
本当にありがとうございました!
 
 
 
お客様の声07.jpg
「暉馬」(てるま)クン
 

様々な司会やCMとか展示会のナレーション等で、幅広いご活躍をなさっておられる、香緒莉 様。

jpgのサムネイル画像
名前の漢字を変えたくて命名して下さる方を探していたところ、呂侑さんのブログに辿り着きました。
ブログの文面やお写真から伝わってくるお人柄の良さから、「この方にお願いしたい!」と思い、すぐさま連絡。
これが、呂侑さんとのご縁の始まりです。
 
呂侑さんからは「香緒莉」と名付けて頂きました。
不思議なことに、呂侑さんに付けて頂いたこの「香緒莉」という漢字、以前、自分自身で名前を考えた際に、第一候補に挙がったものだったんです。
文字の希望を出したわけでも無かったので、この字を見た瞬間、思わずゾクッとしてしまいました。
自分でも直感的にこの組み合わせが良いと思っていたものだったので、名付けて頂いたとき、とても嬉しかったのを覚えています。
漢字の由来も丁寧に説明して頂いて、更にこの名前が好きになりました。
 
「香緒莉」という名前は、人との出逢いを運んできてくれているような気がしています。
それも、尊敬できる先輩との出逢いであったり、お仕事に繋がる出逢いであったりと、素敵な出逢いが多いのです。
仕事の方もだいぶ順調に回るようになり、「またお願いしたい」と再度ご依頼頂くケースも増えてきました。
 
呂侑さん、良い名前を付けて頂き、本当に有り難う御座いました。
 
呂侑さんは命名士としての腕はもちろんのこと、お人柄も抜群です。
とても親しみやすい柔らかい雰囲気をお持ちの方で、初めて電話でお話しした際も、ついつい盛り上がって長電話になってしまいました。
あの瞬間、「やっぱりこの方に頼んで正解だった!」と確信。笑
 
命名後も色々と気に掛けて下さって本当に感謝しています。
「香緒莉」という名が繋いでくれた呂侑さんとのご縁は、私にとって掛け替えのないものです。

これからも、末永く宜しくお願いしますね(*^-^*)

 

香緒莉

 

Voice Sample:https://youtu.be/gT_esEeCvQ8

HP:http://www.canarino.tokyo

 

東京都立川市にお住まいの《柏木美慧(かしわぎ みさと)様の場合》

※柏木様の「お客様の声」の前に・・・
 
改名の事例と致しまして、 柏木様との改名に至るまでのやりとりの一部分の“Q&A”を、ここにご紹介させて頂きます。
柏木様のご依頼は、姓はそのままで[名]だけの改名です。旧名は…非表示とさせて頂きます。

 

Q:改名したい理由は…?
 
 
A:漢字そのものには特にありませんが、音、響きがよくないことから、特に思春期に男の子たちからからかわれたりしていい思い出はありません。
 
 
 
Q:名前に表現したいイメージは…?
 
 
A:何のためらいもなく、さらりと言える名前、  それでいて人を包み込むようなやさしく温かさを感じさせる名前
 
 
 
Q:新しいお名前に込めたい想いは…?
 
 
A:直感したことを即、積極的に行動できるように、との想いが込められればと思います。
 
 
 
 
Q:その他のご意見・ご要望は…?
 
 
A:これから人助けの仕事をライフワークとして始めようとしておりますので、まず自分自身が整えられて、常にニュートラルな立場で人々と接することができ、多くの方々の悩みの解決への一助となれたらいいなと思っております。よろしくお願いします。
 
 
以上が、柏木様との改名に至るまでのやりとり内容の一部分です。
尚…但し書き注意事項として、こちらからは次の文言もお伝えさせて頂きました。
 
「*但し、出来る限りお気持ちに添うように配慮させて頂きますが…必ずしもご希望通りになるとは限りませんので、何卒ご了承下さいませ。」と。 
 
 
では・・・、柏木様の「お客様の声」をご披露させて頂きます。

 

お客様の声08.jpg
8月のことでした。初めてお会いし、名刺交換をさせて頂いた時のこと。高橋先生が命名士であることを知りました。
 
 
自分の名刺をお渡しし、自分の名前を言いながら「私は自分の名前ではずいぶん悩まされてきました。」と言った時の高橋先生の第一声は、
 
「う~ん、音韻がちょっと…ですねぇ....」 「コレは、辛いなぁ…」と、ポツリ。
 
普通ならこう言われたら、むっとしたり、傷ついたりするでしょう。
 
でも私はそうではありませんでした。
 
 
私の中で瞬間的に感じたのは、むしろ、やっとわかってくれる人に出会えた!というものでした。
 
 
私の名前は、実は私に付けられた名前ではなく、祖父が姉のために考えた名前でした。
 
しかしちょっと変わった名前だったため、両親がためらって、付けるのをやめたのだそうです。
 
しかし4年後、私が生まれたとき、祖父(このとき既に亡くなっていた)がつけてくれた名前を
 
使わないのは申し訳ないということで私につけた、と知らされました。
 
私にしてみれば、ショック以外の何ものでもありません。
 
しかしとくに親を怨むでもなく、むしろ自分の名前を好きになれないことを祖父に対して申し訳ないと思ってきました。
 
 
高橋先生とお会いしたのは、人生の半分以上を過ぎながらも、新しく自営の仕事を始めようとしている時でした。
 
祖父がつけてくれた名前を拒否することへの罪責感から、改名するということに躊躇してきた私に、高橋先生は、そういう罪責感を持つ必要はけしてない、むしろ先祖は子孫の更なる幸せを望んでおられます、と言ってくださり、高橋先生の自信に満ちた言葉によって、「改名」を決断することができました。
 
 
新しい仕事を始めるからこそ、新しい出会いが増える、だったら今こそ、その時だと、さらに決意は固く一歩を踏み出すことにしたのです。
 
 
約1週間後、いよいよ新しい名前を頂く時がきました。送って頂いた封筒を開けるのをしばらくためらいました。
 
正直のところ、もし私の先入観で受け入れられないような、しっくりこない名前だったらどうしよう。
 
ただその1点だけが不安でした。
 
 
しかし……… 実は、高橋先生と出会う数カ月前から、なぜか不思議に惹かれる一つの漢字に出会っていました。
その漢字をまったく知らなかったわけではありません。
 
しかし初めて知ったかのような新鮮さを覚え、また出会う回数も増えていき、見るたびに、いいなぁ、好きだなぁ、と思っていた漢字だったのです。
 
 
 
それが……思い切って開けた封筒の中から目に飛び込んできた二文字の一つが、なんとその漢字だったのです!
 
そう、不思議な感覚で惹かれていたのが、美慧の“ 慧 ”という漢字だったのです。
 
すぐに電話しました。「一目ぼれです!とても気に入りました!!」
 
 
「気に入ってもらえて本当にうれしいです。柏木さん、よく今まで耐えてこられましたね」
 
この言葉を聞いたときに、涙があふれてきました。
 
 
一瞬にして過去のいやな思い出が去来し、本当に今までよく頑張ってきたね。と自分を褒めてやりたい気持ちがあふれてきたのです。
 
それまで「自分の名前には苦労したんですよ」と笑いながら言っても、それ以上はあまりにも主観的な事柄すぎて話すことはけしてなかったのですが、それらを話さずともわかってくださっている高橋先生の言葉に誘発されたのでした。
 
 
私にとっては最高の癒しの言葉でした。そして今、今までになかった解放感を感じています。名前の力は物凄く大きいです。
 
 
高橋先生、本当にありがとうございました!!
 
 
 

柏木 美慧(かしわぎ みさと)

 

 

とても嬉しくて素敵な感想文を頂戴致しました。実は…この感想文を頂いた時、私もついつい涙ぐんでしまいました。
 
大変有難い事だと思います。
 
 
それと、感想文の前振り文もとってもいいお話でしたので…
こちらもついでに、ご紹介させてもらいますネ!♪(ご本人様のご承諾も頂いております。^^)

 

お客様の声08.jpg
28日に友人が誕生日のお祝いをしてくれたときの写真です。
 
このお皿の写真は高橋先生にお見せしたくて添付しました。
 
友人の計らいでレストランに誕生日のサプライズを用意してくれていたものです。
 
お皿に「Happy Birthday Misato」と書いてあります。 
 
前の名前だったら、こんなときにも、要らぬ思いが重たく加わっていたのです。
 

今はそれがなく、ただ喜ぶことができる、すてきですね。

 

お子様の次にご自身の名の部分だけの改名ご依頼を頂いた角田様のお声です。

お客様の声10.jpg
先日は角田光翼(こうすけ)というお名前をいただきまして、ありがとうございました。
 
 
私は仕事柄、人の悩みを聞くことが多く、またそういった方は体の中から光(エネルギー)が発せられていないような感じを私は受けていました。
 
そのためそういった人に、どうにか光を与えられる存在になりたいと思い、自身のパワーアップの意も込めて命名をお願いいたしました。
 
そして光翼という名前をいただきましたが、翼には「守る、助けるさま」という意味があるそうです。
 
 
まさに私がお願いしていたようなお名前をいただくことができ、とてもありがたく感じています。
 
また自分自身に光の翼が生えたかのようなイメージも湧き、本当にパワーアップしたかのような感じもあります。
 
名前が変わって何が変わるとは文章では説明しにくいですが、確かに何かが変わるのを実感できます。
 
せっかくいただいたすばらしい名前をもっと有効に活用できるよう、努めていきます。
 
ありがとうございました!
 
 
角田 光翼(こうすけ)
 
 
 
 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、寿・言祝 ( ことほぎ )の

“名前” ならばご本人は勿論、周りの方々にも幸せの光が

放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27
 

                                                     命名士 高橋 呂侑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

声優~女優を!…新たな芸名で出発し輝きを放っておられる、今注目の新鋭女優 「真生 ハルカ(真生 明生)」 様

お客様の声11.jpg
 
高橋呂侑さまとの出逢いは、「アメーバブログ」でした。
 
諸事情あり、芸名を変えたいと考えていた矢先、たまたま高橋さまのブログを拝見したのです。
 
年末の多忙な時期に、半ば無理を言う形でお願いしたにも関わらず、お電話での丁寧な対応とあたたかい励ましのお声…。
 
そして『真生 ハルカ(まきはるか)』という、素晴らしい名前…!
 
電話越しにこの名前を伺った時、「なんてパワーのある名前なんだろう」
 
更に、包まれるような優しさとぬくもりのようなものを感じ、涙が溢れました。
 
「真実を生きていく事で、晴れ渡る明るい結果が待っている」という、堂々たるメッセージのこもったこの名前!
 
ずっとずっと大切に、誇りを持って、女優業を全うしていこうと思います。
 
改めまして、高橋呂侑さま、本当にありがとうございました。
 
またお会いできることを楽しみに…。
 
 
真生 ハルカ(まきはるか)

http://www.facebook.com/maki.haruka?fref=ts

 

神奈川県にお住まいの 門脇 様 ご長男「秀悟(しゅうご)」クン、命名ご感想。

お客様の声12.jpg
 
今感想文は、生後1ヵ月後に書いていますが、やはり一番の思い出は高橋先生から初めて名前を聞かされた時です。
 
出産が予定より早まって、緊急で病院の事務所に、FAXにて名前を送付いただくことになりました。名前を見るまでのドキドキ感は、経験したことのない質の感情でした。
 
初めてその名前を見た瞬間は、正直、何とも言えない心境で、「ほ~」と何度もその名前をほぼ無心で噛み締めることを繰り返すばかりでした。
 
高橋先生からは、名前を繰り返し呼んだり、書き記すことが大切と聞いていたので、感想文もある程度、時間が経ってから書こうと思っていたのです。
 
高橋先生が仰るように、時間を経ると次第にしっくりとくる感覚が芽生え始めました。
まだまだ子供の人間性などわからない時期ですが、名前と人間性がしっくりくるような感覚をおぼえるのです。
 
私が、高橋先生の命名の方法で素晴らしいと思ったのは、画数だけでなく言霊…つまり、言葉から発せられる「ヒビキ」、また、長年の直感力を活かした命名スタイルに感銘を受けました。
今回は、私にとって初めての子供ですが、「このような名前がいいな」というような希望、先入観は全くありませんでした。
 
よって高橋先生に全任しようと心に決めていました。
 
名前の最終決定も何通りかの選択方法ではなく、「ズバリこれ!」という決定方法は、知識と常識だけでなく、「ヒビキ」と直感力で決める・・・
そこにはプロの確信力があるはずで、その判断が一番正しいと私は思うのです。
 
今回の命名をきっかけに、私自身も大変学びになりました。
その人にとっては、一生付き合っていく名前を決定するという、「命名士」はプレッシャーもさることながら、素敵な職業だと思いました。
 
名前と同じで、子供にも親とは違う個性があるように思います。
個性を尊重し、個性を活かし、名前のごとく、のびのびと育って欲しいと思います。
これで、子供の未来も約束されたようなものです(笑)。
 

高橋先生、ありがとうございました!

 

門脇家、ご長男様 門脇 秀悟 ( かどわき しゅうご ) クン☆♪

 

「天の音ヴォイス研究所」の代表、財団法人 日本ヴォイスカウンセラー協会:理事長天の音 有唯 ( あまのね ゆい )様

声分析によって、その人の才能を発見しそして伸展へと繋げるサウンドリーディング講師、

お客様の声13.jpg
 
天の音 有唯 ( あまのね ゆい ) のお名前を頂いて 
 
    
私は、天音 ( あまね ) ゆい という名前で “ 声 ” に関する仕事をしていましたが、字画が良くないということで、高橋先生に命名をお願い致しました。
声や音に関する研究をし、声分析を使ったカウンセリングをしていること、将来的に究極の “ 音 ” に出逢いたい旨をお伝えしました。
すると何日かして、名前が出来上ったとのご連絡を頂きました。
 
天音を “ 天の音 ” としていただいた事によって、今までにない新しい心地いい響きになりました。
 
又、ゆいを “ 有唯 ” として頂いたことにより、そこには・・・
「 天( てん )の音( おと )が 唯( ただ )有( あ )る・・・ダケ 」という、私の魂が心から喜ぶお名前にして頂きました。
 
この 「天の音 有唯」 という名前で、長年あたためてきた『 本 』も出版できるようになりました。
 
『 声分析による才能の見つけ方・伸ばし方 』 という題名で出版されています。
 
本にサインをするために 今から何度も練習していますが、書くたびに幸せな気持ちになります。
本当に素晴らしいお名前をつけて下さった事に心から感謝しています。
 
ありがとうございました。