ホーム>命名の匠ブログ>命名された名称は何度も何度も頻繁に使っていくのが、ベスト!です。
命名の匠ブログ

命名された名称は何度も何度も頻繁に使っていくのが、ベスト!です。

命名でご縁があった方々に、私が常に申し上げている事を

2021527103725.jpeg

今日は書いてみようと思います。

 

正しく手順を踏んで命名された力を持つ名称は、

繰り返し繰り返し使えば使うほど物事が順調に

進んで行きます。

とにかく最初の内は、

様々なシチュエーションで、当たり前の様に頻繁に

使用していくことが大事になってきます。

 

更に詳しく申しますと、

ご自身が書くメールやSNS等の文章の中にも

意識して、その名称を書くようにするのです。

例えば、

個人名ならば、私〇〇〇〇は、とかです。

 

自分の名称(個人名でも会社名でも)を

周りに覚えてもらい、相手からも呼んでもらったり、

書いてもらうようになる為には、

こうした意識を持って発信していく事が大切です。

 

ただ単にその新しい名称を掲げただけでは、

やはり大きくその力が発揮されていくとは

限らない場合が多いです。

力を持った良い名称を頻繁に使用していく事で、

自分自身と新しい名称が馴染んで輝きを増してくるのです。

 

力を持った良い名称は、

それぞれ独自のポテンシャルや直観力をスムーズに発揮してくれますし、知恵や判断力も磨いてくれます。

 

その為には、多くの人達の目に触れるように努力する事も非常に重要になってくるのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

話題を変えます。

命名の事に関して直接的な事ではありませんが、

関係のない話でもありません。

 

以前も申し上げたように大宇宙の法則から言えば

反自然な行為は反自然な結果をもたらします。

全てが調和しているからです。

 

昨今のコロナ及びワクチンに関しても、

同様な事が言えるでしょう。

 

その情報に関しても、

メディアの方々がそもそも悪いという訳でも、

ありません。

メディアの方々は、

上からの指示通りだったり、スポンサーや別のしがらみ等をも忖度しなきゃならない立場上の難しさもあったりします。

放送する前に、末端のアナウンサー等がその情報が正しいのか正しくないのか等と吟味判断する事は到底あり得ないでしょう。

与えられた情報をそのままストレートに伝えるのが自分達の任務を果たす事だと弁えているからだと思います。

 

こうした考えを元にすれば、

一見すると

視聴者の人たちにとって、

何が正しくて何が間違いなのか、日増しに判断し辛くなってきているのも現状ではないかと思います。

 

全部が全部ではないのでしょうが・・・

メディアは、

ある一部分の掻い摘んで与えられた情報をそのまま、

流しているに過ぎないのです。

しかも・・・

偏っていないとは言えないような情報が多くなって

きているのも事実みたいですね。

流れる情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのが、

最も危険です。

 

人はそれぞれ、

知恵・正覚が豊かになってあらゆる面から考察し、

正しい判断と認識が必要不可欠となってきた時代に

突入していると言っても過言ではないようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.meimeishi.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71