ホーム>命名の匠ブログ

命名の匠ブログ

命名も目に見えないモノと見えるモノの両方で成り立つ

世の中… 

2024522191658.jpeg

益々善悪が入り乱れて、

何が何だか分からなくなってきている人も多々おられるのではないかと思います。

 

 

幸せの三要素が、

健康であり、富裕であり、和平であるという、

この三原則を基本とみなすと考えるならば、

この三拍子が揃う状態に中々そう簡単に儘ならないのが、 

今現在の世の中ではないでしょうか・・・。

一人一人が、

本当にバランスの取れた状態で人生を謳歌し全う出来るようになったらいいですね。

 

 

人は、全ての事柄を考える(捉える)とき、

物事は「精神とか心とかの見えない部分によって決定される」

というように唯心的に捉える人なのか、

物事は「ただ物質のみが真の存在であるとしてこの見える部分を重視」というように、

唯物的に捉える人なのかで、あらゆる事象出来事の推移は随分変わってきます。

 

しかし、どちらか片一方だけの判断では、

結局のところ中途半端で終わってしまいます。

やはり、偏らないことが肝心です。

これからの世の中において、

物心両面の豊かさを求めていくのであれば、その両方とも大切なのは勿論です。

しかも…

順番は、唯心的な部分を先行しないと本末転倒となります。

 

それが、そうなっていない状態がずっと続いてきてしまったのが、

今までの世の中の非常に大きい誤謬な点なのです。

 

全部とは言いませんが、

政治も経済も教育も・・・然り。

戦争も「目には目を、歯には歯を」をやっていても、

埒が明く訳でもなく堂々巡りの繰り返しでしかありません。

 

科学だけに頼っていれば片が付くと思っていたら・・・

大間違いなんです!!!

 

今後の時代・・・

AIだけに頼っていたら、

ダメに決まっています。

血が通ってないのですから。

心はありません。

愛情が入ってない料理が美味しくないのは何故…?!

全ては、人間が決め手になります。

 

つまり。。。

 

命名自体も・・・

当然、人間の知恵と力が成す熟練の「技」の結集で

出来上がるものであるべきなのです。

心が込められた血の通った命名であることが大切です。

流行ばかりを追いかけてはいけません。

表面の格好良さばかりに囚われた命名は、

後々、大きなツケを支払う事になりかねませんから、

本当に注意が必要です。

 

命名にも、唯心的な要素と唯物的な要素の両面が必要であり、

順番は、先にも書いているように、

命名の場合も例外ではなく、唯心的要素が先決とならなければ

いけないのです。

AIを含め、ネット上で氾濫している情報を元に、

安易に名付けをするのは、

血の通った命名ではないので、とても危険です。

ご自身や、お子様の明るい未来を願うのであれば、

これらに頼ることは、どうか避けて下さい。

これは、長年、命名を研究・実践してきた私だからこそ明言出来る、

皆様へのアドバイスです。

 

結論を申し上げれば・・・

物事全て、形ある物でも、形ない物でも、

そのものを作り上げていく場合、

有神観念なのか無神観念なのかが、

運命の分かれ道になってしまうという事が、

はっきりしているのです。

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

先決にすべき、命名の重要項目

202311620326.jpeg

前項にもお伝えしてますが・・・

何度も何度も申し上げます。

 

どんな名称も、

文字の画数の部分だけの良し悪しで判断しても、

それは…

見えてる部分の半分だけの配慮になります。

 

多くの人達が疎かにしている、

若しくは、そもそも知らない、

また、その知識もないであろうと思われる、

見えない部分の最も重要な半分を整えることが先決なのです。

 

ここをしっかりと把握した上で、

名付けに取り掛からないと大変危険です。

正しく良い名前に命名された名称は、不安材料が残りません。

 

ところが・・・

良かれと思って間違って名付けてしまった名称は、

良からぬものを引き寄せてしまいます。

昨今は、それが顕著になってきています。

 

一般の方には、

そこのところが非常に分かり辛いので、

厄介な点でもあるのです。

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

命名。それは...「備えあれば憂いなし」!!!

まさに、 

2023825212850.jpeg

標題に書いたように…

命名こそ、“ 備えあれば憂いなし ” なのです。

 

今の世の中、

あまりにも「憂う」出来事が多すぎます。

原因があるから結果があります。

 

それは・・・

科学一辺倒になり過ぎた為に生じた結果なのです。

物事を唯物的観点からのみに頼り、

判断を下したからの窮余の産物となってしまっているのが現状です。

 

 

いつも言っていますが・・・

全てにおいて同じで、

見えない部分の唯心的観点「霊(れい)」と、

見えてる部分の唯物的観点「体(たい)」の、

両方(両輪)のバランスが上手く取れているのがベストな状態です。

しかも大事な点は、

先に「霊(れい)」の部分。

次に「体(たい)」の部分。

つまり・・・

順番としましては、

霊(れい)が主で、体(たい)が従の『霊主体従』です。

即ち、

命名に於ける「霊(れい)」の部分は、

『想念(そうねん)・言霊(ことたま)・字義(じぎ)からの印象や音韻との相性等々』

「体(たい)」の部分は、

『文字の画数・画数各々の兼ね合い・画数に於ける過去と現在と未来への繫り』

 

この「霊(れい)」と「体(たい)」とのバランス。

ここが融合調和しているという事が、

非常に重要な肝となる訳です。

この肝のところをしっかりと考慮した命名は、

全ての事象に好影響を与えてくれます。

まさに、正しく付けられた良い命名は未来への大きな備えになるのです。

これは・・・

どんな命名改名にも言える事なのです。

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

安心できる正しい『命名』が成り立つまでの優先順位及び重要事項

202342116525.jpeg

今日のテーマで知っていただきたいのは・・・

本来の森羅万象一切の成り立ちをご存じでない方のために

正論をお伝えしようと思います。

 

万有の存在は、

目に見えない存在と目に見える存在との両方で成り立っています。

唯心的と唯物的な捉え方です。

人間において言えば、

精神(こころ)と肉体(からだ)になります。

 

片方半分だけではないのです。

全てにおいて裏と表があるのです。

目に見えない部分を・・・霊(れい)。

目に見えてる部分を・・・体(たい)。

と、言います。

 

霊(れい)と体(たい)が密合一致しているのが正常な状態です。

しかも…

霊(れい)が主(しゅ)で、体(たい)が従(じゅう)なのです。

 

詳しく説明すると、きりがないので…

本日は、命名に関しての説明に限定しますね。

 

あらゆる名称の名付けの場合でも、

同じ事が言えます。

名称(名前)にも、霊(れい)と体(たい)があるのです。

きちんと両輪が揃ってなければなりません。

片方だけでバランスが取れてなければ、

真っ直ぐスムーズに進んで行くことができないのです。

 

普通一般の方は、

文字の画数だけを氣にする方が多いと思います。

文字及び画数の部分は…

前述の通り、目に見える体(たい)の部分で片方半分の従(じゅう)に当ります。

 

では・・・

主(しゅ)たる霊(れい)の部分は何かと言うと、

それは…

目に見えない想念(そうねん)と言霊(ことたま)です。

まずは、真っ先にここを整えることが大切です。

順序立てを大事にする必要があります。

優先順位を疎かにせず、先決問題からです。

で、その次に画数を鑑みていくという事になります。

 

これらの部分をご存知でない方が最近あまりにも多い氣がしましたので、

命名に関して最も重視すべき点をお伝え致しました。

 

 

 

※命名依頼メニュー

改名・芸名・ビジネスネーム・その他 :  http://www.meimeishi.jp/contents/menu/change-of-name/

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

命名専門家の見解 : 改名・芸名・ビジネスネーム編

一般の方はご存知でない、

名付けに関しての大変重要な項目を 

202172815248.jpeg

前回からシリーズで皆様にお伝えしておりますが・・・

今回は「改名芸名ビジネスネーム」についてです。

 

名称には様々な名前が付けられています。

全ての名称は、いろんな角度から捉えて命名されていると思います。

どんな名前もそれぞれの想いの元に名づけられている事でしょう。

 

前回の赤ちゃんの名前の場合にもお伝え致しましたが、

赤ちゃんの名前に特に注意が必要となってくるのは、赤ちゃん誕生後のご家族の和合が更に満ち溢れ、

円満具足なファミリーの暮らしを保っていく事を基盤前提として鑑みたところの、命名でなければなりません。

その点で重要となってくるのが親御さんご両親それぞれの、“ 名 ” との相性だという事をお伝えしたのでした。

 

 

では、今回は改名芸名ビジネスネーム」についての場合です。

これはご本人が、新たな名前を使用していく事になりますので、今まで普段に使用してきたその、これまでの “ 名 ” との相性を鑑みた上での命名であるべき必要性が生じる訳です。

ただ…

赤ちゃんの名前の場合と少々異なるところがあります。

それは、

良くも悪くも今まで使ってきた名前というものの影響力をも鑑みなければならないのは、言うまでもないという事なのです。

そこが、一般の人が知り得ない命名専門家ならではの判断力を有する部分ですし、なかなか奥深い点でもあります。

赤ちゃんの名前と同様に、ただ単に好みとかだけでの命名は安易だと言えます。

 

 

 

という事で・・・

本日は、改名芸名ビジネスネーム命名する際に特に注意すべき点を、

命名専門家の立場からお伝え致しました。

 

 

※命名依頼メニュー

改名・芸名・ビジネスネーム・その他 :  http://www.meimeishi.jp/contents/menu/change-of-name/

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

命名専門家の見解「 赤ちゃんの名前 」編

202163201944.jpeg

 

一般の方はご存知でない、名付けに関しての大変重要な項目を

今回からシリーズで皆様にお伝えしようと思います。

先ずは「赤ちゃんの名前」です。

 

名称には様々な名前が付けられています。

全ての名称は、いろんな角度から捉えて命名されていると思います。

どんな名前もそれぞれの想いの元に名づけられている事でしょう。

 

それでやはり

赤ちゃんの名前に関しましては、

親御さんの好みや今流行りの観点から名付ける事が多いと思います。

格好良さ、可愛らしさ、お洒落な響き等を考慮されての判断で

命名されるのではないでしょうか…。

勿論、

それらは、とても大事な要素である事は言うまでもありません。

 

ただ・・・

将来的に鑑みまして、

当然ながらご家族の和合の結束を忘れてはならない部分があるのも、

否めない事実なのです。

そこには、

〇〇家のその姓との兼ね合いは勿論ですが、

ご家族の姓名に照らし合わせた配慮が必要となります。

 

ご家族でありながら、

円満とは言えず、関係がギクシャクしてしまう場合がありますが・・・

その理由として、

親御さんのお名前とお子様のお名前の間に

違和感が生じている可能性が大いにあります。

 

赤ちゃんの名前を付ける際に、

当然調べる必要があるのは、そのお子様にとってのお父様とお母様との

「名」の相性です。

おそらくこの点を考慮して赤ちゃん名付けをされている方は、

専門家であっても殆どいらっしゃらないと思います。

ですが、これはとても重要な要素になるのです。

 

「家族が末長く円満具足でありたい」という想いは、

皆さんが望むことだと思います。

であれば、

親御さんの好みの前に、先ずは親御さんとの「名」の相性を

優先して赤ちゃんの名前を考える必要があるのです。

 

 

という事で・・・

本日は、赤ちゃんの名前命名する際に重要視すべき点を

命名専門家の立場からお伝え致しました。

 

 

 

 

※命名依頼メニュー

赤ちゃんの名前:http://www.meimeishi.jp/contents/menu/baby/

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

命名された名称は何度も何度も頻繁に使っていくのが、ベスト!です。

命名でご縁があった方々に、私が常に申し上げている事を

2021527103725.jpeg

今日は書いてみようと思います。

 

正しく手順を踏んで命名された力を持つ名称は、

繰り返し繰り返し使えば使うほど物事が順調に

進んで行きます。

とにかく最初の内は、

様々なシチュエーションで、当たり前の様に頻繁に

使用していくことが大事になってきます。

 

更に詳しく申しますと、

ご自身が書くメールやSNS等の文章の中にも

意識して、その名称を書くようにするのです。

例えば、

個人名ならば、私〇〇〇〇は、とかです。

 

自分の名称(個人名でも会社名でも)を

周りに覚えてもらい、相手からも呼んでもらったり、

書いてもらうようになる為には、

こうした意識を持って発信していく事が大切です。

 

ただ単にその新しい名称を掲げただけでは、

やはり大きくその力が発揮されていくとは

限らない場合が多いです。

力を持った良い名称を頻繁に使用していく事で、

自分自身と新しい名称が馴染んで輝きを増してくるのです。

 

力を持った良い名称は、

それぞれ独自のポテンシャルや直観力をスムーズに発揮してくれますし、知恵や判断力も磨いてくれます。

 

その為には、多くの人達の目に触れるように努力する事も非常に重要になってくるのです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

話題を変えます。

命名の事に関して直接的な事ではありませんが、

関係のない話でもありません。

 

以前も申し上げたように大宇宙の法則から言えば

反自然な行為は反自然な結果をもたらします。

全てが調和しているからです。

 

昨今のコロナ及びワクチンに関しても、

同様な事が言えるでしょう。

 

その情報に関しても、

メディアの方々がそもそも悪いという訳でも、

ありません。

メディアの方々は、

上からの指示通りだったり、スポンサーや別のしがらみ等をも忖度しなきゃならない立場上の難しさもあったりします。

放送する前に、末端のアナウンサー等がその情報が正しいのか正しくないのか等と吟味判断する事は到底あり得ないでしょう。

与えられた情報をそのままストレートに伝えるのが自分達の任務を果たす事だと弁えているからだと思います。

 

こうした考えを元にすれば、

一見すると

視聴者の人たちにとって、

何が正しくて何が間違いなのか、日増しに判断し辛くなってきているのも現状ではないかと思います。

 

全部が全部ではないのでしょうが・・・

メディアは、

ある一部分の掻い摘んで与えられた情報をそのまま、

流しているに過ぎないのです。

しかも・・・

偏っていないとは言えないような情報が多くなって

きているのも事実みたいですね。

流れる情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのが、

最も危険です。

 

人はそれぞれ、

知恵・正覚が豊かになってあらゆる面から考察し、

正しい判断と認識が必要不可欠となってきた時代に

突入していると言っても過言ではないようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

命名も然り。全てが必然必要な出来事です。

名付けの点から捉えた場合に限らず・・・

2020129153528.jpegのサムネイル画像のサムネイル画像

 

昨今の社会情勢を鑑みた上でも万物の生々流転上に於いて、不必要なものは一切ございません。

今回のタイトル通り、全て必然必要な出来事です。

 

今、世界的に有らゆる事象の浄化現象が起こってきています。

その中には、どうしてこんな事が起きるのだろうか?何故?と

納得出来ない事もあったりします。

物事を捉える場合、私達はどうしても目の前の現象だけで判断してしまう事が

多いのですが、やはり浄化作用は必要あって起こるのであって、そこに不合理なものは無いのです。

 

 

調和と不調和という言葉がありますが、

私達は、調和しているから良い、とか不調和なのは良くない、とか単純に判断しがちです。

 

しかし、あらゆる物、あらゆる出来事が、

調和しているのか否か!?は・・・浅い考えで判断できるものではありません。

 

深く掘り下げてみると、こういう事になります。

 

この大宇宙は、全てにおいて『調和』しかありません。

不調和というものは、そもそも無いのです。

私達が不調和と感じるもの、捉えるものは、

人間が作り上げた表面だけの判断によるものです。

私達が不調和だと感じるその原因は、反自然の結果です。

つまり・・・

大自然から捉えれば、

反自然によって不調和ができてしまうのですから、

不調和な事自体が真の調和であり、

これが厳正公平な天地自然の摂理です。

不調和を作るから不調和が生まれ、調和を作るから調和が生まれるのです。

 

これ即ち、

自然の大調和という事になります。

 

私共の命名は、「自然順応」「自然尊重」をモットーとしています。

なので、命名に携わる役目の人間として、大事にしなければならない

順番をとても大切にしています。

朝は、神仏に感謝の業を常とし、命名のご依頼者様にとって最も良い

命名を導かせて頂く為に、自分自身が良い感性でいられるように

努力をしております。

命名は、その人の人生に多いに影響を及ぼす大切な要素ですから、

全身全霊で取り組まなければなりません。

 

大政治家は100年後を思い、

中政治家は10年後を思い、

小政治家は1年後を思い。

という諺がありますが・・・

 

私どもの命名は、

 過去・現在・未来 』が繋がった、

永遠に脈打つ事を基盤とするのを前提と致しております。

 

とにかく、

正しい判断の基に力のある新しく名づけられた名前は、頻繁にじゃんじゃん使っていく必要があります。

使えば使うほど、本来備わっているご自身のポテンシャルがスムーズに発揮されていきます。

 

ただ・・・

私どもの意見を素直に聞いて頂ければ、順調にいくのですが

我の強いために、中々そううまくいかない人がおられるのも、これまた事実です。

 

良い事が起きる通過点に、

浄化作用が起こるのは・・・

タイトルにあるように当然と言うべき、

「必然・必要」な出来事になるからです。

 

力を持った “ 良い名前  は、振り返ってみると

心配したのがバカらしくなるくらいの結果を齎していきます。

 

但し当然ながら・・・

常日頃の努力精進を怠らない事が大切だということと、

何事に対しても心からの感謝の想念を見失ったり、

不平不満を口にしたりしていると様々な支障をきたしてしまうというのは、

分かりきった話だという事を、最後にお伝えして今回はここまでとしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け改名店名商品名ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命名に限らず、全て基本は自然尊重・自然順応です。

本日は、命名に限ってではなく全てに通ずるお話をさせて頂きます。

 

2020425154725.jpeg

 

今、人々は恐怖の渦の中に居る人が殆どではないかと思います。

メディアの情報に振り回されないようにする事が肝要です。

メディアは事務的に伝えようとしているに過ぎません。

 

まず・・・

冷静に捉えてみる必要があります。

今まで医学が本当に正しい対処をしていたならば、

病気というものはこの世から漸次減っていかなければならないにも

拘わらず、逆に益々増えていっているのはどういう訳でしょうか?!

 

しかも今回は

厄介もっかいだと悪者扱いにされてるコロナ。

実は、それもこれも人間が引き寄せた結果の産物です。

あらゆる事象は、

当然の結果というものが現れてきます。

所謂、必然必要です。

 

長い間、薬という反自然なものを体内に取り込んで蓄積されてきたばかりに・・・

もう、まやかし療法ではどうにもならない状態に突入している

と言っても過言ではないでしょう。

本来人間には、

食うべきもの(体内に摂取していいもの)と、

食うべからざるもの(体内に取り込んではいけないもの)とは、自ずから分けられています。

 

「因果応報」という言葉があります。

原因があるから結果が生じる訳です。

何千年と続いてきた今までの医学療法は、

病氣に対する対症療法を主眼として今日に至ってきました。

薬という毒の作用によって、病氣症状を単に抑えるという

固め手段ならざる方法を取っていたに過ぎなかったのです。

ところがいよいよ時節到来、

対症療法ではどうにもならない状態になってきているのは火を見るよりも明らかになってきたという訳です。

人には、誰にでも良能力というものが備わっているはずなのです。

それが薬という毒を体内に入れる事により、返って抵抗力が極端に弱ってしまっているのです。

それどころか最早、

薬剤を投与することで病状を更に悪化し併発し、重篤化によって急速の死に至らしめる結果を齎してきているというのが現状なのです。

しかも…

これからは益々、強力な新薬・新ワクチンを使用していく可能性が非常に高くなってきているというではありませんか!?

もう、訳の分からない病氣が蔓延してしまってからでは本当に遅過ぎます!!!

 

そもそも・・・

病氣とは、身体を整える為の浄化作用なのです。

それを悪い意味に解釈し、浄化を止めようしたのがこれまでの医療でしたから

益々人体に害を及ぼしてきたのは、当然な結果なのです。

 

それは、

例えば風邪 

つまり感冒とは、実は神の摂理だったのです。

人間の身体の外側は、お風呂だったりシャワーで汚れを洗い流す事が出来ます。

が、しかし

人間の身体の内側は、人間の力では洗浄する事が出来ません。

なのでその代わりに、体内に溜まった毒素を風邪・感冒という全く簡易な生理作用で

咳や痰、鼻水、汗等の排泄物が自然に排除され清浄化され整えてもらうというものなのです。

それはやはり浄化作用という事です。

ですから・・・

一旦、少し苦しいということが伴いますが、それを我慢して任せておけば自然に治ってしまいます。

実は、その繰り返しにおいて人は益々健康になっていき…

ついには、風邪をもひかないようになってしまうのです。

全く有難い事なのです。

感謝以外の何ものでもありません。

 

昨今・・・

唯物的解釈、その判断のみで、作り上げてきた研究の副産物・副作用は、

看過できない事態となってきていると言っていいでしょう。

 

 

 

 

人は生かされています。

自分の力だけで生きていると思っていたら大間違いです。

この事を忘れてはならないでしょう。

 

 

 

今回の大きな大きな切り替えの時節を、

100年め、200年めの転換期だと言われているようですが・・・

私は、そんなもんではないと思っています。

それ以上だと思っています。

 

日に夜と昼の区別があるように、

100年にも1000年にも、夜と昼の転換期が存在します。

 

という事は、

よ~く考えてみて下さい。

 

中国何千年という薬の歴史があります。

今回の、新型コロナの拡散の源とされる中国、武漢。

何故、武漢から始まったかという事を冷静に捉えると・・・

見えてくるものがあるのではないでしょうか。

 

人々が原点に帰ってよくよく考えてみる必要があるのではないかと思います。

 

やはり・・・

物事は、

自然を尊重し、自然に順応していく事を教えられているのではないでしょうか。

 

 

 

私が命名に於いても再三常に申し上げている、

想念(そうねん)と言霊(ことたま)の重要性を改めて考えてみて下さい。

 

考え方の順番が本末転倒していたり、組み合わせが良く無かったり、

悪い取り入れや、良かれと思ってした事が実はやってはいけない事をしていた為に、

結局は取り返しのつかない事になってしまっている場合が往々にしてあります。

 

 

即ち!

悪の想念・悪の言霊は、

間違った行為・行動は・・・

悪い出来事を引き寄せます。

 

間違った命名は、

良からぬ事態を招き呼び寄せるのです。

全く、「鏡の法則」・「引き寄せの法則」なのです。

 

 

それはつまり・・・

あらゆる名称に関しても同様な事が言える訳です。

 

聖書の冒頭に、

「始めにコトバあり万物これによって造らる」という文言があります。

噛み締めて下さい。

 

名前命名に関する想念と言霊に・・・

それ自体そのものに、向かっていくプログラムが最早、

組み込まれているという事に、確固たるものとして氣付いて頂きたいのです。

そしてそれは、全ての事象に当てはまるという事なのです。

 

お釈迦様が唱えた、

『弥勒(ミロク)の世』の事はご存知な方もおられるのではないかと思います。

弥勒 は、「 567 」とも表現されます。

新型コロナの、“ コロナ は、567 です。

私は、これは何かの暗示ではないのかな?と感じています。

 

 

 

 

まだまだ、究極の核心部分を述べたいのですが・・・

本日は、

この辺で筆を置くことと致します。

 

 

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け、改名、店名、商品名、ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんの名前・改名・芸名・ビジネスネーム等の立場上に名付ける名前・全て要注意!

これから益々、命名された名前の重要性が認識されていく事でしょう。

2020212202111.jpeg

一生の始まりの赤ちゃんの名前

人生途中の改名、及び芸名ビジネスネーム等の立場上に名付ける名前、

これらは、本当に大切です。

 

しかも

昨今、

様々な環境の変化、天変地異が起きています。

どんなアクシデントに巻き込まれるか予測が付かない物騒な世の中です。

そんな時でも大難が小難に、小難が無難に少しでもなるように

当方では念には念を入れ全身全霊で命名の作業に取り組んでおります。

 

専門的に捉えた場合、名づけられた名前に「良し悪し」の判断があるのは明らかな事実です。

もしも素人判断での間違った名前を名づけたり、無料サイト等で良くない名前を名付けた場合、

先々のご本人の人生に支障を来す可能性が非常に高くなります。

当然と言えば当然なのです。

私共の判断においても、

基本的に辞書の「名のり」の部分に存在しなかったり、辞書に無い読み方や、

通常そう読まない文字のものを無理に読んで名づけする事は、お薦め致しておりません。

それから、

近来、子供の不良化が社会問題として取り上げられていますが・・・

ご家族が和合のある「円満具足」な生活を営まれていく為にも、

赤ちゃんの名前の場合は、そのお産まれになる赤ちゃんに対しての、

その親御さんご両人とのそれぞれの  の音韻の相性というものも非常に大切な部分になってきます。

その辺も充分注意が必要です。

 

特に、

赤ちゃんの名前命名子供の名前改名、新しいスタートでの改名に関しては、

命名プロの信頼置けるエキスパートに命名依頼をされる事を心からお薦め致します。

 

名付けられた名前の力を侮らないようにして下さい。

その力はその名前次第で、良い方向にも悪い方向にも行ってしまいます。

運命付けられてしまうのです。

良い名前は、良い出会い良い出来事を運んできます。

名づけられた本人のポテンシャル通りにスムーズに事が運んでいきます。

悪い名前は、通っていく必要のない道を歩ませます。

わざわざトラブルに遭遇してしまうような結果を選択してしまうのです。

 

当然ながら、

どちらであっても「必然・必要」な状態に決定付けられるという訳になるのです。

安易な想念(そうねん)で名付けた名前は安易な結果を齎し、

無闇矢鱈に名づけられた名前はその言霊(ことたま)の影響を多大に受けます。

 

想念(そうねん)と、言霊(ことたま)と、字義を含めた画数判断が順序正しく

三位一体となってバランスの取れた命名である事が肝心要なのです。

 

 

以上で、大凡はご理解して頂けたのではないかと思います。

 

 

 

 

【 当方での「 良い  “ 名前 ”」の定義 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 命名の匠 』から導かれた、

「 寿・言祝 ( ことほぎ )の “ 名前 ” 」ならばご本人は勿論、

 周りの方々にも幸せの光が放たれることでしょう。

これは、どのネーミングにも共通して言えることです。

◎参考詳細:名付けに際し『開運盛名』をお探しの方へ
 http://www.meimeishi.jp/contents/meimeishi/#entry-27

 

名付け、改名、店名、商品名、ビジネス名等々の命名依頼は…

                   命名の匠            命名士 高橋 呂侑

◉ メルマガ登録はコチラより ↓↓↓

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000084264

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー